自分の将来どうなりたい?

自分の将来どうなりたい?

自分の将来どうなりたい?

現地の人と混じりたい、遊んで交流を図りたい、そういう思いを持って留学に来る人は多いと多いと思います。しかし、実際来てみると、現地の人以外にも留学生だったり、仕事できている駐在で来ているかたなど日本にいたら合う確立が低い人達に合うことができます。各々、目的によって会うべき人は異なると思いますが、もし、あなたが来年就職活動を控えているという方だったら、現地の日本人サークルにも足を運んでみることをお勧めします。

 

この駐在員という人達は会社でも課長、部長などの役職が高い人達が多く、就職活動していたことのある方は身にしみてわかるかと思いますが、こういった人に会うまではかなり時間を要します。実際に説明会に出てくる人は人事(人の採用や、社内の効率化を図る部署)で、多くはその人事のエースか、入社してほんの少ししか立っていない人が登壇してきます。その後、線香フローに乗っ取って、面接を2,3回繰り返すうちでもそのうちの1回合うか合わないかの確立で駐在員候補の人達とは合うことができます。本当に合う機会は少ないのです。

 

もちろんその人達に逢ったからといって、その会社で働けるかというとそれはそれでまた別の話ですが、就職に対して不安を持っている人や、「働く」ことがどういうことなのか、は彼らが所属していることでおおまかにはつかめてくると思います。自分自身が就職した際の未来像として作り上げることは普通に就職活動しているときよりかは見つけやすいでしょう。そしえもう一つ。多様な働き方もあることを知るために、駐在員の他に、現地採用で働いている方のお話を効いてみるのも得策です。海外に留学した人の半分ぐらいは現地で働きたいと考えるような傾向にあります。

 

閉鎖的な日本が嫌だといって海外に飛び出してくる人もいますし、中国語を活かしてなにか職に就きたいと思ってきている人もいます。いずれにしても自分自身の夢を追っかけていて魅力的な人が多いのですが、駐在員とは違い会社の保護を受けていないので、給料面もそうだし、海外保険等の保険面や住宅手当はほとんどつかないので、生活水準が日本にいたときよりの落ちることが多いです。

 

多くの現地採用の人は、日本の現地版の人材派遣会社に登録していて職を転々としているか、企業に就職するかのどちらかにかありません。また国によっても異なりますが、就労ビザが日本で働いて何年目から支給できるというものもあり、すぐに渡航しても働けないというのが現状です。どうしても現地採用で働きたいというなら、それこそ留学先で多くの人に出会ってコネを作ることが大事です。自分がこれからどう行きたいのか、をよく考えて留学中は過ごした方が得策です。

 

最近ではネットで英会話の勉強をして先に備えておく人も多いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ